カジノは日本にできるの?カジノ法案とオンラインカジノの基礎情報

法案も進んだ!日本にカジノができるのか?

日本にカジノができるのか?

これについてはまだまだ法案の関係で決まっていない部分もありますが、法案が制定をされると今後日本のどこでもカジノを楽しめるようになります。

つまり、賭博や賭けというものが日常的に楽しめるようになるということなのですがその反面パチンコやパチスロなどの遊びが減っていく可能性もありますしカジノにお客さんも流れていく可能性もありますね。

「そもそも日本にカジノはできるのか?」

「また、すぐに日本でカジノを楽しむことはできないのか?」

そんな日本に関するカジノについて書いていきたいと思います。

もちろん今すぐに日本でも楽しめるオンラインカジノについても書いていきますので参考にしてください。

カジノとは?

そもそもカジノとは何なのでしょうか?

簡単に紹介をしていきましょう。

カジノとは簡単に説明をすると「賭博」を行う施設の1つのことで、日本だと競馬、競輪、オートレースに宝くじなどは公営ギャンブルと呼ばれる種類になります。

それに対してパチンコ、パチスロは基本的お金に換金をすることはできないため賭博という種類には入りません。

ちなみに賭博といってもカジノは競馬や競輪と賭博をする、賭けるものに違いがありカジノはルーレットやバカラ、ブラックジャックなどカードゲームなどのゲーム感覚で楽しみながらゲームができる点が違いです。

有名なところだと、マカオやラスベガス、シンガポール、韓国などがありギャンブルを楽しみたい観光客が気軽に楽しんだりしていますね。

日本にカジノがない理由

日本にカジノができない理由はいろいろとありますが一番のメインとなっている原因は「法律による規制」があるためそもそも日本にカジノというものを作ることはできません。

詳しい書き方をすると、

刑法185条および186条(賭博及び富くじに関する罪)によって公営ギャンブルを除いた賭博行為が禁止されています。

このように法的により賭博をすることが禁止をされていますのでカジノは日本ではできないのです。

しかし、海外のカジノで行われている遊戯(ルーレットやバカラなど)自体は禁止をされているわけではありません。

風俗営業法の第2条第5号に定義される営業(通称:第5号営業)として景品や金銭と交換ができないチップやメダルなどを使ってバカラやブラックジャック、ルーレットなどカジノの雰囲気を味わうことは問題ありません。

中にはこのスキマを使って違法カジノ、違法賭博、インカジで逮捕をされている人もいますが、金銭のやり取りをすると違法となるため結論になると日本はゲーム感覚でしかカジノは楽しめないとなっています。

しかし、ここ数年で日本にカジノを作ろうという動きがでており大きく進歩をしているのがカジノ法案なんです。

カジノ法案とは?

「日本でもカジノを行おう」そんな声がここ数年あがってきています。

その主な理由としては東京オリンピックに多くの外国人が訪れることになりますが、その際にカジノがあれば多くのお金を落としてもらえ日本の利益となります。

そのため2016年12月に総合型リゾート(IR)整備推進法案と呼ばれる通称「カジノ法案」が成立をしました。

つまり、長らく違法としてきた日本にカジノが訪れるということになってきているということです。

ただしカジノという言葉が出てきているためついついカジノだけと思われがちの総合型リゾート(IR)整備推進法案なのですが、単純にカジノを作るだけではありません。

統合型リゾート(IR)は国際会議場・展示施設といったいわゆるMICE施設、ホテル、劇場、映画館、アミューズメントパーク、ショッピングモール、レストラン、スポーツ施設、スパなどの温浴施設、カジノを一区画に含んだ複合観光集客施設のことを指しています。

【MICE施設とは?】

MICEとは4つの言葉の頭文字をとった略となっています

・M →会議(Meeting)

・I →研修旅行(Incentive Travel)

・C →国際会議(Convention)

・E →展示会・イベント(Exihibition/Event)

反対をされているカジノ法案

カジノが日本の来るということでこれから楽しみなのですが、なかなか進んでいないのも正直なところ。

日本が潤うというメリットはあるのですが、その反面デメリットもあります。

野党からの根強い反対意見としては「ギャンブル依存症」を生み出すというものです。

ギャンブル依存症とは?

ギャンブルの行為や過程に心を奪われ、「やめたくても、やめられない」状態になること

これは日本でカジノができるようになったことにより遊ぶ人が増える反面、ギャンブルに依存をする人が増えていくことになるのでダメだという意見もあります。

政府ももちろんギャンブル依存症に関しては認識をしているのですが、カジノへの入場規制などで対応をしていく予定で依存症対策に力を入れていきます。

個人的にはカジノでギャンブル依存症が増えるというならパチンコ、パチスロ、競馬、競輪、競艇、宝くじなどもすべてダメだろと思うのですがそこに違いはあるんですかね??

実は他にもカジノに対する反対意見もあり「治安悪化」「マネーロンダリング(資金洗浄)」なども考えられていますね。

【マネーロンダリングとは?】

マネーロンダリングという言葉を聞いたことがある方もいると思いますがこれは「資金洗浄」の略となっており、簡単に説明をすると「犯罪など非合法的に手にいれたお金を普通に使えるようにする」。

つまり違法を合法にする方法でカジノは犯罪者からすると絶好のマネーロンダリングの場となっているのです。

もちろん新しいことをするとなった場合には反対意見もあって当然なのですが、カジノを作るリスクに対しての反対意見も多いためなかなか建設的な話が進んでいないのも正直なところですね。

カジノはいつできるのか?

もちろん懸念材料はあるのですが、総合型リゾート(IR)整備推進法案は成立をしていますので将来的にカジノが日本にくる可能性は非常に高いです。

最近はその影響からカジノディーラーを育てる学校に問い合わせが殺到をしている状態となっているそうで日本にカジノができることで新たなビジネスを生み出そうと思っている方もいます。

しかし、気になることが「いつできるのか?」という部分になりますね。

これについては不明な点もまだまだあるのですが、2025年前後になるのではないかといわれていますのでカジノがすぐにできるのでは??と楽しみにしていた方には残念なニュースです。

東京オリンピックが開催されう2020年までのオープンを目指していたのですが、残念ながらその時期のオープンは問題が山積みなので難しいでしょう。

ちなみにカジノができるまでの流れについても書いていきます。

1,IR推進法案の成立

2,IR実施法案の成立

3,法整備、候補地の決定など

4,施設の設計、建設

5,オープン準備が完了後オープン

ちなみに現在は1の段階ですのでまだまだオープンまでに時間がかかりそうですね。

(2018年7月1日現在)

候補地はどこなの?

最後に気になるのがカジノができる候補地はどこなのか?という点です。

これについてはいろいろは意見があり、招致をしてる都道府県はこちらになります。

北海道、宮城県、秋田県、東京都、神奈川県、石川県、静岡県、愛知県、大阪府、和歌山県、徳島県、香川県、福岡県、長崎県、大分県、宮崎県、沖縄県。

有力なのは東京、大阪、長崎となっていますが首都圏はある程度経済的に潤っていることから地方にカジノを作るほうが良いのではないかという意見も多くなっていますね。

オンラインカジノは今話題のギャンブル

日本でカジノを楽しみたいと思っても当面はできないです。

でも日本でもカジノを楽しみたい人は多いので、ここからは日本でも楽しむことができる今話題のオンライカジノについて書いていきます。

ここ数年話を聞くようになってきたオンライカジノですが、そもそもオンラインカジノって何?と気になっている方、ちょっと知りたい方などいろいろといると思います。

正直、私も自己紹介に書いたように「たまたまネットの広告で見つけた」だけなので、正直オンラインカジノというものがわかっていないんですよね。

ここからは基礎の基礎となる「オンラインカジノとは?」というところから書いていきましょう。

オンラインカジノとは?

オンラインカジノとは、その名前の通り「インターネットを通したカジノ(ギャンブル)」となっています。

つまり、スマホやパソコンを通してギャンブルを手軽に楽しむことができるものをオンラインカジノと読んでいます。

他にもインターネットカジノ、インターネットギャンブルなんて言われることもありますが、基本的にネットを通してギャンブルをしていた場合にはオンラインカジノという総称になりますね。

ただし、日本ではギャンブルとして運営をすることは法律で禁止をされているため運営母体はすべて海外のものとなっています。

いつからあるの?

そんなオンラインカジノですが、始まりは1995年代だといわれておりかなり歴史のあるもの。

本当にインターネットが普及し始めたころにオンラインカジノも登場をしていたということになり、歴史は結構深いものとなっていますので、世の中の人たちが知らないというケースが多いのでしょう。

しかし、ここ最近はヨーロッパで定着をしつつあるギャンブルとなっており安全で国からも認められているベラジョンなどは人気のカジノとなっていますね。

関連記事ベラジョンカジノで入金をして遊ぶ方法!評判と口コミも紹介

詐欺や違法も多い?

インターネットを通してギャンブルをしていると感じることが「大丈夫?」「損だけするのでは?」「違法では?」なんてことが言われることもあります。

しかし、実際にオンラインカジノを運営しようと思った場合には政府発行のライセンスを導入して、運営機関も世界の一流ブランドが参入をしていることから安全安心にできるようになっています。

そのため、英語のビッグタイトルがオンラインカジノのタイアップゲームとして導入されることも珍しくありませんね。

そのため気を付けたいのは大手のオンラインカジノを利用することです。

中には違法や詐欺にやっているところもないとは言えない状況ですが、そこは自分で自分の身を守らなければなりませんので注意はしておくべきです。

第三者委員会の調査は厳しい

もちろんきちんと運営しているオンラインカジノは多くあり、そのように適切に運営をしているオンラインカジノは大手の会計事務所など第三者機関の調査・公表を導入しており畝に公正さを打ち出しています。

つまり「クリーン運営をしていますよ」というアピールをしているということになります。

世界ではすでに数千といわれるオンラインカジノが存在をしており、ヨーロッパなどではパチンコなどのような庶民向けのギャンブルよりもオンラインカジノの方が人気で爆発的な利用者がいます。

もちろんリアルにマカオ、ラスベガス、韓国にカジノはありますが遠いため行くのは面倒。

しかし、日本には法律的に作ることができないためカジノで遊ぶという習慣が日本人にはないのですが、ここ数年で日本にもたくさんのオンラインカジノが参入をしてきていることから自宅で楽しむ人も増えています。

つまり、オンラインカジノを運営するためにはライセンスを取得しなければ運営ができない仕組みがありますのでプレイをする場合には以下のライセンスがあるかを必ず確認しましょう。

オンラインカジノのライセンス一覧

・UK(イギリス)ライセンス: イギリス(United Kingdom = the Gambling Commission)

・ジブラルタルライセンス: ジブラルタル(Gibraltar)

・マルタライセンス: マルタ(Malta)

・オルダニーライセンス: オルダニー島(Alderney)

・マン島ライセンス: マン島(Isle of Man)

・アンティグアライセンス: アンティグア(Antigua & Barbuda)

・オランダ領キュラソーライセンス:オランダ領アンティル諸島キュラソー島(Curacao Netherland Antilles)

・カナダライセンス:カーナウェーク(Kahnawake)

上記の8つのライセンスは中でも取得が難しいものだといわれているライセンスとなっていますが、これを持っているということはキチンを認められているオンラインカジノであるという証明だともいえます。

そのため、これからオンラインカジノで遊ぼうと思っているのならばライセンスと持っているかを確認してください。

ライセンスを取得するためには以下のポイントが重要視されることとなっており、厳格に監査をされますし定期的にチェックもはいるのでライセンスを失う可能性もあります。

・運営に十分な資金を持っている

・運営者に十分な経営能力がある

・ゲームの公正さを認証するシステムを持つ

・法令遵守をさせる仕組みがある

・マネーローンダリングやマフィヤ、犯罪者との関与がない

中でもゲームの公平さに関してはかなり厳しくみられており、高度な乱数発生器プログラムが必須となっていますし、高度な監査を受けたソフトウェアを使用しているなどかなり厳しい審査がありますね。

日本語対応の増えている

もちろん海外で基本的には運営をされていることからオンラインカジノへアクセスをしても英語が基本。

そのため、日本人にはなかなか敷居の高いものとなっていたのですがここ数年で日本語対応がどんどんと進んでおり日本人も非常に遊びやすくなっています。

すべてのオンラインカジノではありませんが、中には親切丁寧に日本人のサポートスタッフの導入も進めていますので英語が苦手な方は日本人スタッフが対応をしてくれるサイトに登録をしてみましょう。

特に日本人向けのオンラインカジノでおすすめとなっているのはベラジョンカジノです。

オンラインカジノの中にはまだまだ日本語対応をしていないオンラインカジノもあるのですが、ベラジョンは日本語サポートも整っており、登録をするだけで30$の入金不要ボーナスもゲットができます。

スマホでも遊びやすいので通勤、通学中、ちょっとしたスキマ時間に楽しむことができますので日本人向けで日本語対応をしているところを探しているのならばベラジョンがおすすめです。

オンラインカジノは違法なのか?

ここまでオンラインカジノについていろいろと書いてきましたが、気になることが過去に逮捕者が出たりしたことです。

つまり、オンラインカジノをあまり知らない人、初心者の人は「違法で警察に捕まるのでは?」ということです。

日本では現実的に法案が整っていないことから違法とも合法ともいえないのは正直なところでグレーゾーンといういい方が正しいです。

そのため2016年に日本でははじめて逮捕者が出るということになりましたので、そのためオンラインカジノはあまりよくないという印象があります。

逮捕をされた理由としては、「違法賭博をしているのでは?」という見解です。

その逮捕をされた理由と事件についてまとめてみましょう。

事件名と時期 逮捕をされた理由
2016年2月

NetBanQ事件

・決済サービス会社が賭博行為の胴元とみなされた

・数名のプレイヤーが単純賭博罪で略式起訴された(在宅起訴)

・裁判で争う姿勢を見せたプレイヤーが結果的には不起訴処分となった

2016年3月
スマートライブ事件
・日本人ディーラーがいる日本人専用テーブルがあった

・誰でもプレイヤー名やベット内容が見れる環境だった

・表示されているプレイヤー名がアカウント名そのものだった

・数名のプレイヤーが単純賭博罪で逮捕された(身柄拘束)

2016年6月
ドリームカジノ事件
・カスタマーサポートが日本語のみに対応していた

・実態は日本人向けの違法賭博とみなされた

・プレイヤーは逮捕・起訴されなかった

事件の詳細についてネットカジノで摘発!名古屋で逮捕者の出たのオンカジは違法では?

しかし、この2016年に起こった3つの逮捕ですがすべて不起訴処分となっています。

その理由としては、NetBanQ事件で見てわかる通り逮捕をされた人たちが裁判で争う姿勢を見せた結果プレーヤーは全員不起訴になっているということです。

しかし、もちろん自分の身は自分で守ることも必要となりますので以下の点にはついては気を付けておきましょう。

・海外のライセンスを取得しており法的に問題のないオンラインカジノを選ぶ。

(コンプライアンスを確認すること)

・日本の決済サービスやカスタマーサポートが日本語のみのオンラインカジノ、日本人専用、日本人限定の環境が用意されているなど日本人向けに特化をしているオンラインカジノは避ける

・表示名は必ずニックネームにし、SNSやブログでプレイ状況を配信しない

結局日本という国がオンラインカジノに対しての法案などが追い付いていない状況です。

もちろん日本の法律事情や過去の状況や事例などを見て対応をすべき問題といえますね。

ただし、インカジは違法となりますので気を付けましょう。

間違ってほしくないのはオンラインカジノは違法なのかと言われるとこれについてはグレーです。

世の中で事件がたったの1つ起こっただけで違法だなど言われることもあるのですが、違法ではありません。

もちろん合法でもないのですがオンラインカジノ自体が悪だという流れになっていますが、あくまでもグレーですのでよく自分の目で確かめましょう。

よく違法カジノなどを間違われることもありますが、違法カジノは明らかに違法です。

そことオンラインカジノを間違えてもそもそも違法カジノとオンラインカジノとでは大きな違いがありますので注意をしたいですね。

オンラインカジノのメリット

ギャンブルときくと日本人の場合はパチンコ、スロットなどになります。

朝からパチンコ屋に並んでゲームを楽しむなんてことも多いのですが、パチンコなどからオンラインカジノへ移行をする人も実は増えています。

そこには以下のようなメリットがありました。

24時間いつでもゲームを楽しめる

まず、オンラインカジノはインターネットを経由して行っているため24時間いつでも自由にカジノを楽しむことができます。

店舗のギャンブルになると開店をしている時間帯に行かなければなりませんが、オンラインカジノへ行くといつでも自由にオンラインカジノを楽しむことができるというメリットがあります。

「毎日朝から晩まで仕事に忙しい人」

「日中は家事に忙しく、自分の時間が取れない主婦」

「ギャンブルをやりたいけれども、外に行くのは面倒」

「今すぐにギャンブルを楽しみたい人」

こんな風な方々にも時間に関係なく楽しむことができるという点でオンラインカジノはメリットがありますね。

自宅で自由の楽しめる

24時間いつでも自由に自宅で楽しめるという点は大きなメリットとなっています。

この点については他にもメリットがあり

「パチンコのように台の見定めが要らない」

「タバコの煙を気にする必要もない」

「身なりや格好も自由でパジャマでも楽しめる」

こんな風に誰にも束縛もされることもないですし、誰かも目を気にする必要もないため自宅で自分のペースでゆっくりとオンラインカジノを楽しむことが可能です。

最近は電車での通勤、通学の最中にオンラインカジノを楽しんでいる人が非常に多いです。

少しもスキマ時間にスマホと使ってゲームを楽しめるという当たりは大きなメリットといえますので活用をしたいポイントといえます。

豊富なゲームが楽しめる

店舗へいくギャンブルの場合には1つのゲームしか楽しむことができません。

そのため、他のゲームをしたいと思った場合には車や電車で移動をしなければなりません。

しかし、オンラインカジノはその面倒な手間もすべて解消をしてくれます。

オンラインカジノで遊べるゲームはカジノによって異なりますが、300以上ものゲームを用意しているカジノもあります。

日本人にとってなじみのあるゲームといえばポーカー、スロットなどの基本的なゲームになりますし、ほかにもちょっとカジノを知っている人ならばブラックジャックやルーレット、バカラなど実際にカジノにも用意をされているようなゲームもありますし、オンラインカジノ特有のゲームも存在していますね。

クオリティも高い

今までは実際のカジノと比較をした場合にどうしてもパチンコやパチスロなどと比較をすると弱いといわれていたオンラインカジノですが最近は違います。

ゲーム性もさることながら、グラフィック、サウンド、演出面の向上、人気キャラクタタイアップゲームの登場しており、パチンコやパチスロと同じレベルでのゲームを自宅でも気軽に楽しむことができます。

また、ライブカジノは人気となっています。

ライブカジノとは今まさに目の前にいるディーラーとプレイをすることができるゲームとなっており、いろいろな好みのディーラーとゲームを楽しむ方法です。

本場のカジノがあるラスベガスやマカオへ行くのは遠いけれどもライブ感を味わいたい。

そんな方にはオンラインカジノをプレイする方が楽しめるというメリットがありますね。

関連記事ライブカジノとは?臨場感あるプレイ方法とおすすめのライブカジノ2選

高いペイアウト

ペイアウトとは払い戻し金のことなのですが、日本の国営のギャンブルである競馬や競輪などは75%程度、宝くじは50%程度、パチンコ、パチスロは80~90%程度といわれています。

しかし、オンラインカジノに関しては最低でも90%程度となっており、優良なところだと97%を超えるという場合もあります。

この高いペイアウトの裏には実際に存在をするカジノやパチンコ、パチスロと違って人件費、店舗の運営費、設備費などが比較をすると圧倒的に安いことからその分お客様に還元をしているといえます。

そのため、競馬競輪、パチンコなどのギャンブルにお金を投じるよりはオンラインカジノへ投じたほうが断然有利に働くということがいえます。

ペイアウトの意味とは?率によって利益金額も異なる大事なポイント

ボーナスもある

また、オンラインカジノ特有のメリットもあります。

それは、ボーナスがあること。

ボーナスとは、サービスチップということで購入価格よりも多くもらえるという点は大きいですね。

例えば、パチンコで1000円分の球を購入した場合には1000円程度の価値しか生まれませんが、オンラインカジノの場合は100ドルで購入したチップに100ドルのボーナスで200ドルでゲームをスタートということもあります。

そのため、ボーナスをもらうと手持ちの資金が増えるということなので勝ちやすくなるということです。

稼げる可能性がある

オンライカジノはあくまでもギャンブルになりますので稼げるときもあれば稼げない時もあります。

しかし、勝てば稼げるという点はメリットでもありますね。

中にはジャックポットと呼ばれるカジノゲームがあります。

これはカジノで誰かが遊ぶたびに一定の資金が貯められる方法となっており、定められている当たりが出ることによりその溜まっている資金をすべて手に入れることができます。

中にはオンラインカジノで1億円や4億円など大当たりで人生が変わった人もいるほどです。

もちろん誰もが手に入れられるわけではなのですが勝てばお金も手にはいりますので今後FXや株のように副業として人気がでてくる可能性があります。

ネットカジノで儲けるとどうなる?

オンラインカジノで稼げるようになるとサラリーマンのころとは比較にならないくらいの資金を手に入れられることもあります。

もちろんギャンブルなので稼げるときもあれば稼げない時もあるということは事実なのですが少しでもお金を手に入れていくためにはいろいろな資金を手に入れられることもあります。

しかしネットカジノで儲けることにより気にしなければならないこともあります。

それが税金なので気を付けましょう。

税金はかかるの?

オンラインカジノで手にいれた資金は基本的にあは「一時所得」とと法律的にもみなされることになります。

つまり、オンラインカジノはギャンブルなので「懸賞や福引、競馬や競輪の払い戻し」と同じ扱いになることから税金が発生します。

「私も競馬で大勝ちをしたことがあるのですが支払ったことはない」のだけれどもどうなのでしょうか?

これについては本来は競馬や競輪でも支払いが必要なのですが、お金の受け取り方が銀行を通さずに直接現金を受け取る形となるため記録に残りません。

しかし、オンラインカジノはクレジットカード、電子決済もしくは銀行口座など何らかの形で記録が残ってしまいます。

これは、カジノの運営母体にも記録が残るため税務署も簡単に調査が可能となります。

そのため、最終的にはお金の動きがすべて見えてしまうため納税をして逃げた場合には納税をするように促されることとなりますね。

儲ける可能性もあるオンラインカジノなのですが支払いには気を付けたいというのが正直なところです。

オンラインカジノの遊び方

オンライカジノの遊び方について書いていきたいのですが、遊び方をまずは紹介をしていきます。

登録の方法からオンラインカジノで遊ぶための準備について書いていきましょう。

オンラインカジノを始める前の準備

遊ぶ前には準備が必要となりますのでまずはその準備と最低限のルールについて書いていきます。

ここは守れなければオンラインカジノで遊ぶことができませんので注意をしてきましょう。

年齢制限

オンラインカジノは賭け事。

つまりギャンブルになりますので、年齢制限が当然あります。

基本的には18歳未満はプレイができない決まりとなっているのですがカジノによっては20歳以上でなければプレイができない場合もあります。

そのためカジノの規約をまずは確認をするようにしてください。

軍資金

もちろんギャンブルですのでお金をかけることになります。

そのため軍資金は必須といえますので用意をしておきましょう。

勝つときもあれば負ける時もありますので余裕をもってプレイをすることおすすめしますし遊びのお金でプレイをするようにしてくださいね。

中には生活費にまで手を付けてしまい大変なことになった人もいますしキャッシングでお金を借りた人もいるほどです。

そこまでなってしまうとギャンブル依存症なので、余裕のあるお金でオンラインカジノを楽しみましょう。

軍資金としては10万円程度は最初に持っておくようにしておくと良いですね。

最低でも5万円(500$)は用意をしてプレイをしましょう。

クレジットカード

オンラインカジノの支払いの基本はクレジットカードとなります。

結局アカウントの取得やチップを購入するためにはクレジットカードがなければ対応をしてもらえないケースも多いので用意をしておきましょう。

クレジットカードの種類としては、VISA と Master 系統のクレジットカードが主に使用できますが、現在ではダイナーズとJCBもそこそこ使えるようになっています。

クレジットカードの代わりに銀行のデビットカードやコンビニで購入可能なプリペイドカードでも購入が可能なカジノもあります。

他にもチップの購入がキャッシング扱いになるようなカジノもありますのでキャッシング枠がないカードは使用ができない場合もありますのでよく確認をしましょう。

ただし、クレジットカードは入金のみの扱いとなっており出金はできませんので注意が必要です。

クレジットカードだけでは不安なので電子決済オンラインサービスなどへ登録をしておくと入出金が一括で利用をすることができるためメリットも高いですね。

身分証明書

初回の払い戻し時には本人確認のための身分証明書が必要となります。

もちろん初回とは限らず一定金額以上の払い戻しの際には定期的な口座情報確認のために提出を求められる場合もありますので用意をしておきましょう。

身分証明書はカジノ側から提出をするように求められることになりますのでFAXもしくはメールで画像やキャプチャを送付することになりますね。

身分証明書の種類としては「運転免許証」「パスポート」「公共料金の明細書」などを使用することになります。

ただし、一つ注意がありオンラインカジノの運営は海外の会社になっています。

そのため、あなたの送付する書類が日本語表記の場合にはすべてローマ字でフリガナをうっておくほうが良いでしょう。

また、初回に登録をした住所と名前などが提出をした書類と違うという場合には払い戻しなどの際にトラブルになることも考えられますので注意をしてください。

一番無難なのは英語表記もされている英語ではないかと思います。

インターネットバンキング

どうしても今はオンラインカジノが海外のものを使うことになりますのでクレジットカードで入金をする際に外貨にて対応をするところもあります。

そのため外貨のまま預貯金可能な「外貨口座」有りという銀行口座がもっとも理想的だといえますね。

オンラインカジノをする場合に出金、入金についてはインターネットバンキングもしくはオンライン決済サービスを手に入れると良いでしょう。

クレジットカードでなら入金ができたり、小切手で勝った分のお金を手に入れられることもあるのですが手間もかかりますし面倒です。

エコペイズやいiWalletなどの電子決済で使えるサービスを利用するようにして下さい。

電子決済サービス

先ほど紹介をしたecoPaysやiWalletは電子決済サービスと呼ばれているものとなっています。

オンラインカジノで遊ぶ際に入金はクレジットカードで可能なのですが、出金が大きな問題になるケースが多く電子決済サービスを利用していないと利用ができないということになります。

そのためこの電子決済サービスをおすすめします。

電子決済サービスを利用すると、に登録をすれば入出金が一括で管理できるというメリットがあります。

関連記事オンラインカジノの出金方法は簡単?稼いだお金をどうするのか?

このメリットというよりはオンラインカジノをプレイする場合には確実に持っておきましょうと方法です。

ecoPaysを持っておけばコンビニATMで気軽に出金が可能となります。

セブン銀行、ゆうちょ銀行も利用は可能ですしMaster Cardと提携としていますので日本では入出金以外にもショッピングでも利用が可能となりますので便利ですので登録をして用意しておきましょう。

オンラインカジノのまとめ

もちろんギャンブルなので利益を出して収益を上げることもあれば、損をすることもあります。

しかし、ほかのパチンコやスロットと比較をするとそもそものペイアウトも高いですし、ボーナスもあるため高いといわれていますね。

なんといっても豊富はゲームの数も魅力なので、まだやったことがない方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

オンラインカジノというものがそもそもわかっていなかった方もここの情報が参考になればと思います。

日本でもカジノ法案が決まるとカジノを楽しめる可能性はあるですが、いつどこにできるかはわかりませんし遠い人はがわざわざカジノへ行くのも面倒です。

それならば、オンラインカジノで手軽にスマホやパソコンで楽しむほうが良いでしょう。

移動の資金もオンラインカジノへ投資できますのでもしかするとジャックポットの可能性もありますので是非チャレンジしてみましょう。

オンラインカジノ比較ランキング!安心安全なカジノを選ぼう

One Response to “カジノは日本にできるの?カジノ法案とオンラインカジノの基礎情報”

コメントを残す