賭博とは?日本での違法と合法の基準と問題について

日本にもあるギャンブルとは?

賭博と聞くとお金を賭けることになるのですが、日本でもいろいろな賭博があるのは正直なところです。

誰もが知っているギャンブルといえば、パチンコ、パチスロ、競馬、競輪、競艇、オートレースに宝くじなどいろいろなものがあります。

そんな日本にもあるギャンブルなのですが、たまに逮捕をされたや、ここで紹介をしているオンラインカジノは違法なの?それとも合法なの?など気になるポイントも多いのが正直なところです。

そこで日本で賭博をした場合に違法になる場合と合法の場合の違いについて書いていきましょう。

賭博とは?

もちろんギャンブルと聞くといろいろな意見の方もいるのですが、そもそも賭博とはいったいどんな意味なのでしょうか?

私はついついお金をかけることが賭博で違法だという印象を持っていたのですがそれは大きな間違いで賭博というくくりに入るからといってお金をかけるから違法で逮捕をされるということではないようです。

そこで、賭博について書いていきましょう。

賭博は他にも博打やギャンブルという言い方をすることもあるのですが「金や物をかけて勝負事をすること」を指しています。

例えば、競馬ならばどの馬が勝つのかを考えて賭けますが、そこでお金を儲けることができるので賭博という言い方になりますね。

でも野球でどちらが勝つのかを賭けたことにより逮捕をされている方も多いですし、闇カジノなどは違法で逮捕をされたりしていることもあります。

野球はダメなのですが、サッカーのTOTOは賭けても問題ないのです。

ん~なにか日本の賭博という基準てわかりにくいというのが正直な印象ですね。

賭博罪の判例を見てみよう

賭博で逮捕をされるのか?されないのか?という基準については賭博罪に当たるかどうかの判断となってきます。そこに当てはまるか?当てはまらないのかについて十分注意をしておきたいですね。

賭博罪とは、

刑法185条および186条(賭博及び富くじに関する罪)によって公営ギャンブルを除いた賭博行為が禁止されています。

この法律に当たるのかという点がポイントになっています。

先ほどの野球賭博で考えてみましょう。

野球の勝敗に関してお金をかける行為自体が賭博罪の刑法185条に当たりますので、過去の判例により逮捕をされているケースも多いです。

ここに金額の大きい小さいということはないので野球賭博は違法となります。

それに対してサッカーの勝敗に関して賭けるTOTOについては違法ではありません。

それはTOTOは公営ギャンブルというくくりになることから結論としては違法ではなく合法という形になりますね。

賭博罪のラインとは?

これについてもたしかなことは言えないのですが、例えば「今日のランチはじゃんけんに負けたやつが支払うこと」というルールでじゃんけんをしたとします。

その結果負けた人はランチに3000円も支払うことになりました。

これは賭博にならないのかと言われると少額でもお金を賭けて、じゃんけんという勝負事で支払う人を決めていますので原則は「賭博罪」に当てはまります。

もちろんこんな小さなものまで警察も逮捕をしていませんし、調べるためには膨大な時間も要するために判例としてはないですが、小さな賭けとなりますので本来は違法となりますので注意をしましょう。

野球賭博は八百長の恐れもある

野球賭博に関しては選手が絡むととてもややこしいことになります。

例えば、とてもよく打つ4番バッターがいる選手がいたとします。

しかし悪い人物がその選手に「今日は打つな。打たなければ1000万円やる」などと交渉をして成立をした場合にはその人はたぶん打たないでしょう。

その結果膨大な資金を手にいれられる可能性もあることから八百長を防ぐためにも野球の賭博は認めらていませんし逮捕をするという判例になったといわれています。

公営ギャンブルとは?

この公営ギャンブルの場合は賭け事でありギャンブルなのですが違法とはならず合法であるといわれてます。

公営ギャンブルとは、「公の機関が賭博(ギャンブル)として開催をするプロフェッショナルスポーツの扱いとなっており公営のスポーツベッティング」といわれています。

ただし、日本国内での公営競技運営者以外のスポーツベッティングは日本の法律では禁止をされていますのでラインとしては難しいです。

このラインとしてはサッカーは良いけれども野球はダメであるというすごくあいまいな印象ですね。

公営ギャンブルは別名公営賭博ともいわれており、競馬、競艇、競輪、オートレースなどがそれにあたります。

賭博法のまとめ

ここでは賭博罪についていろいろと書いてきました。

もちろんあてはまるものもあれば当てはまらないもののあるのは正直なところです。

しかし、原則は公営ギャンブル以外でお金をかける勝負事をするのは賭博罪にあたり本来は違法となりますので日本で違法となる部分は知っておきたいですね。

個人的にオンラインカジノもお金を賭けているので違法となる可能性もあるのですが、逮捕をされた人で戦った人は全員釈放をされています。

間もなくIR(カジノ法案)も成立をするといわれていますので、個人的にはグレーゾーンではなく合法という扱いになってほしいというのが希望ですね。

 

コメントを残す