インカジで摘発されるので危険?オンラインカジノとは違うのか?

摘発される危険のあるインカジとオンラインカジノの違い

過去にインカジで摘発(逮捕)をされたなんてニュースがありました。

インカジとは、「インターネットカジノ」の略となっており、海外のオンラインカジノのソフトウェアを使って国内の店舗でお客にギャンブルを提供する会社のことを言います。

そんなインカジですがよく間違われるのはオンカジとは違うのか?また、裏カジノとは違うのか?など気になるポイントもありますので書いていきましょう。

インカジとは?

インカジとは「インターネットカジノ」の略となっていますが、他にもカジノカフェなんて言われることもありますが、ライセンスを取得しているオンラインカジノとは違います

オンラインカジノを運営するとなった場合には必ず許可を得て運営をしなければなりません。

そのため、オンラインカジノをしたいという場合には運営の許可を得てライセンスを持っているかという点が大事になります。

しかし、何らの原因でライセンスを取得せずに運営をしているオンラインカジノをインターネットカジノと呼んでいます。

ライセンスの取れない理由はいろいろとあります。

例えば

・資金がない

・ゲームの操作や設定がされている

・個人情報が保護をされていない

こんな風にプレーヤーにとって明らかに危険なインターネットを使ったカジノのことをインカジと言います。

別名は裏カジノ、闇カジノなんて呼ばれることもありヤバくて危険なカジノはインカジだと思っておきましょう。

インカジをプレイするどどうなる?

では、このインカジをプレイするとどうなるか?

まずわかることはあなたがプレイをしても一生勝つことはありません。

万が一勝利をしても賞金は振り込まれることはありませんし、プレイをしたとしてもゲームが不正に遠隔で操作をされることになるため決して勝てない仕組みです。

また、個人情報はすべて入力をしないとプレイができないようにされますが、その個人情報はいろいろなところへ流されることになり最悪怖い目に合うこともあり得ます。

ライセンスの記載のないオンラインカジノは信用を決してしてはいけません。

ライセンスのないインカジをプレイするとあまりにもリスクが高いので決して手をださずまずはライセンスを確認するようにしましょう。

インカジで勝ち方なんてなく、常にプレーヤーや損をするようにしかされていませんので勝てないです。

裏カジノも一緒なの?

裏カジノとは全国の繁華街にあるカジノのことです。

これはもちろん違法。

日本ではカジノをしてはいけませんので、警察に見つかったり、摘発をされた場合には摘発をされ逮捕をされることになります。

東京だと歌舞伎町、渋谷、池袋、日川口、名古屋、大阪のミナミやキタ、京都の河原町、仙台、福岡などいろいろなところで運営をされています。

もちろん違法なので、看板などはでていませんしマンションや雑居ビルの一室で行われていることが多く基本的に一見さんはお断り。

友人の紹介があったりすることでギャンブルを楽しむことができるということになっています。

別名違法賭博場なんて言われたりすることもありますが、リスクの高いですし摘発をされるリスクもあるのでカジノをするならばライセンスを取得している問題のないオンラインカジノにしておきましょう。

ライセンスを持っていないインカジが裏カジノと同じなのでダメですよ。

インカジはインターネットを通してプレイをしますが、裏カジノは実際に店舗なのでその違いはありますね。

裏カジノで大勝ちをしたとしても、外に出た途端にお金を強奪をされるのであなたの手にお金が残ることはないです。

キャッチをされても近づかない

インカジはもちろん紹介以外にもキャッチで捕まえたりすることもあります。

「めくりどうですか?」「スロットどうですか?」「バカラしません?」「ギャンブルありますよ」なんて声をかけられたことはありませんか?

これは間違いなく裏カジノへのキャッチです。

もちろん風俗などの呼び込みも同時に行っているケースが多いのですが、歩いているお客さんの様子をみて声をかけるということをしていますね。

中にはネットカフェでスロットしませんか?なんていわれてついていくと怖い目にあったということもありますのでキャッチに声をかけられてもついていかないようにしましょう。

インカジをプレイするとどうなる?

もし裏カジノでプレイをした場合にはどうなるのか?

最悪摘発をされて逮捕をされることになります。

日本ではカジノを運営することもプレイをすることも禁止をされています。

法律を調べてみるとこんな感じです。

刑法185条 単純賭博罪

-賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。

刑法186条1項 常習賭博罪

-常習として賭博をした者は三年以下の懲役に処する。

刑法186条2項 賭博場開帳等図利罪

-賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以上五年以下の懲役に処する。

罰金もしくは懲役3年以上の可能性もあります。

たった1度の過ちで人生を棒に振ることになるかもしれませんし、有名人や芸能人の多くも摘発をされて消えていますので手を出してはダメですよ。

日本ならオンラインカジノでプレイしよう

日本では法的に問題があることからカジノはできません。

そのため、闇カジノやライセンスの持っていないインカジなどが横行をしています。

そのためオンラインカジノをするならばきちんとライセンスがあるかを確認しましょう。

また、オンラインカジノは基本的に海外の政府発行のライセンスで現地で適法に運営されているカジノですし、カジノのライセンスはゲームの確率や公正性、実際の払い出しなどを毎年監査されて初めてライセンスを維持できます。

そのため公平に運営をされているのかを細かくチェックされていますし、ライセンスをはく奪されるとたちまちインカジになってしまいます。

まとめ

ギャンブルが好きな人の中にはついつい手を出したくなってしまう魅力があるかもしれません。

しかし、インカジや闇カジノに手を出してしまうとあまりにもリスクが高いですし一度のプレイで人生が代わってしまうかもしれません。

過去には芸能人だとものまねで有名な清水アキラの三男、俳優の遠藤要、バドミントンの日本代表のリオデジャネイロ五輪のバドミントン男子で日本代表入りが確実視される桃田賢斗選手、田児(たご)賢一選手も重い注意を受けました。

桃田選手は2年ほどで復帰をしましたが、田児選手は永久追放など思い罰を受けています。

人生を棒振りたくないならばインカジと闇カジノはやめておきましょうね、

 

2 Responses to “インカジで摘発されるので危険?オンラインカジノとは違うのか?”

コメントを残す